大腸CT検査(大腸3D-CT検査)

大腸CT検査のご案内

当院では2015年4月より新しい大腸がんの検査を導入いたしました。
従来の大腸内視鏡検査に比べて、苦痛が少ない新しいタイプの大腸がんの検査方法です

大腸CT検査とは

マルチスライスCTのデジタル画像データを活用することで、多彩な大腸の3次元表示が可能になります。
従来から用いられている仮想内視鏡表示のみならず、注腸検査に類似した仮想内視鏡表示も可能です。
さらに最近では、大腸を仮想的に切り開いて表示する表示法も開発され、大腸の粘膜面全体を盲点なく観察
することも可能になりました。
こうした3次元表示法の進歩によりCTコロノグラフィは益々有用な方法になっています。

大腸がんの現状

日本における大腸がんの死亡数、罹患率は年々増加しており、死亡数は結腸がん、直腸がんを合わせると全患者のうちで、女性は1位、男性は3位となっています(2013年人口動態統計)。
食生活の欧米化や大腸内視鏡の検査を受けづらいなどが要因として考えられています。大腸がんは早期発見が大変重要で、早期に検査を受けることで無症状の時期に発見することが重要となります。

大腸CT検査の長所と短所

大腸CT検査の長所と短所

  • 短時間の検査 (20分程度)です
  • 大腸内視鏡検査と異なり、苦痛の少ない検査が可能です
  • 臨床的に問題となる5㎜以上のポリープにおける充分な診断が確認されています
  • 大腸内視鏡の挿入が困難な方でも検査が容易です
  • 他の大腸検査で問題となる大腸穿孔や出血などの偶発症が極めて稀です

短所

  • 組織の採取ができないので、異常が指摘された場合は大腸内視鏡検査を受けることが必要です
  • CT撮影に伴う医療被曝があります(当院では低被曝撮影を行っています)

検査の流れ

お申し込み

  • 完全予約制となっております。
    人間ドック及び生活習慣病健診のオプションとして承ります。なお、健診の時間帯は午後コースとさせていただきます。

  • 健診予定日の必ず1週間前迄に電話でお申し込みください。
  • 場合によっては、事前に一度ご来院いただく必要があります。
  • 検査当日の体調等や既往歴、医師による問診・診察により、検査を中止する場合もございます。予めご了承ください。

料金

  • 32,400円(税込) <検査食(4食)および薬剤を含む>

大便潜血検査で陽性と言われた方の精密検査の場合

  • 当院外来で、健康保険を利用しての受診となります。
  • 事前に必ず電話でご予約をお願いいたします。(電話にて来院までの説明をさせていただきます)
  • 場合によっては、事前に一度ご来院いただき、医師の問診・診察を受けていただく場合があります。
  • 検査当日の体調等や既往歴、医師による問診・診察により、検査を中止する場合もございます。予めご了承ください。
  • 健康保険証、結果報告書をご持参ください。